こないだテレビを見ていて今まで普通に食べ合わせてたものが、実はダメだということを知らされました。一番衝撃的だったのがお味噌汁にわかめとねぎ一緒に入れると駄目だそうです。わかめおにぎりも大好きなのでいつもたっぷり入れていたのですが、実は駄目だったなんて…。一緒に食べちゃダメな理由は、ネギに含まれている成分が、わかめの主要成分であるカルシウムの吸収を妨げるそうです。 わかめと豆腐の組み合わせらしいですけどそこにネギが入ると駄目なんて、ショックでした。

次がしらすと大根、これも大好物の組み合わせなんですけど、ダメだって言ってました。生の大根の成分がしらすに含まれている大切な成分リジンの吸収を妨げるそうです。しらすと大根の組み合わせなんて、朝食の定番だと思いませんか? しらすと大根を食べたい時には、豆腐をたしてあげるとリジンをプラスすることになるのでおすすめだって言っていました。

あとサラダの定番といえばきゅうりとトマトなんですけど、その組み合わせもダメだって…。トマトに含まれるビタミンCを、きゅうりの成分が壊してしまうそうです。でもお酢の入ったドレッシングやマヨネーズをかけたら、壊す力が弱くなるから、ドレッシングをかけることは意味のあることなんだなと思いました。

今まで食べ合わせといえば、うなぎと梅干しぐらいしか知らなかったですけど、こんなにたくさん身近な食材であるなんて…番組をつけて見ていました。それぞれ改善点はあるので、今までの食べ方にプレスして、マイナス面を補っていけばいいかなと思います。だってダメだって言われた食べ合わせが、好きなものばかりだったから、工夫をして食べ続けたいと思います。